先日、結婚を機に、それまで乗っていた軽自動車を売って、代わ
11 8月
2019

先日、結婚を機に、それまで乗っていた軽自動車を売って、代わ

Category:車査定

先日、結婚を機に、それまで乗っていた軽自動車を売って、代わりに大型の車に買い換えました。

軽自動車なんかは売っても、二束三文だろうと勝手に思っていたのですが、見積もりを聞いて驚きました。

想像していたよりも随分と返ってきた見積金額が高かったのです。買取業者いわく、軽は人気があるので、そのように良い値段で引き取ってくれるんだそうです。

車の買い換えをすることになった時、買い取り業者に査定を依頼し、車を売却することも一般的になってきました。

ひとつ気にしておきたいのは、査定を受ける際に、故意に事故歴や修理歴を伝えなかったらどうなるか、です。

売買契約時に店と契約書を交わします。そこに記載されている買取査定規約を見てみると、車の事故歴について、それを把握している場合は申告義務があることが書かれています。

なので、事故歴や修復歴があるのを知っていながら、それを相手に伝えていなかった場合には、売買契約成立後、それどころか買い取り後でも事後減額要求が可能になっております。事故歴の申告は必ずしておいた方がいいでしょう。

車を所有している方の多くは、愛車の価値が気になると思います。そんな時に活用したいのが、車査定です。

私の知る中古車買取業者の中には、面倒な車の持ち込みをせずに、ご自宅で査定を行ってくれる場合もあるのです。それだけでなく、勤務先や指定の場所など様々な場所にまで出張に来てくれる業者もあるそうです。

例えば、修理工場で査定を受ければ、多くの手間を省くことが出来ますね。

もちろん査定結果が満足できないこともあると思います。

その時は売る必要はありません。

車検を通らないような改造をしてある車でも、買取査定に出すことはできます。しかし、何処にでも在る一般的な買取店舗では必ず買い取りしてくれるとは限らずに、査定が高く評価されないことを前もって知っておくとベターです。このようなときには改造車に理解があって、ちゃんと販売ルートも持っている改造車の専門店で買取りしてもらうとベストです。

その車の状態によっては改造車でも高く査定して貰える可能性がアップします。

中古車を売るなら、少しでも売り手有利にサービスしてもらいたいものです。

業者との交渉にあたり、「目の前で納車できる」ということは、売り手側のプラス材料になるようです。ということで、見積もりをしてもらうときは、車検証、自賠責保険証、実印、印鑑証明書、自動車納税証明書も揃えておくことを推奨します。

車を買い換えについてです。

私も色々考えまして、得ができるということを人から聞きましたので、下取りに出さず、買取業者の査定を受けて、買い取ってもらうようにしています。PCやスマホを使って、インターネット上の一括査定サイトに行きます。そこで、そこにある入力フォームに車種や電話番号など必要事項を記入して登録をすると、買い取り業者の方から、電話でコンタクトをとってきます。

例外もあるかもしれませんが、多くの場合、4つか5つくらいの業者から連絡があります。電話がきたらその時、大体自分の車がいくらで売れるものなのか、相場を聞きます。そのようにして大体の値段の目安を知り、良さげな会社を三つほどリストアップしまして、他の業者は電話できっぱり断ってしまいます。車査定はしたいけれど、個人情報は出来るだけ知られたくないと思うのもうなづけます。

特に、ネットの一括査定サービスを通した場合、たくさんの車買取会社に自分の個人情報が回されるのが少し心配ですよね。

でも、国の法律で個人情報の管理方法は厳正に定められているので、たいていの場合心配する必要はありません。ほんの少しでも安く買取をして、ほんの少しでも高く売却するのが実際にプロと呼ばれるに相応しい中古車店の社員でしょう。

査定士や営業マンの話す内容をまるっきり信用してしまうのも考え物で、人を見て相場よりもずっと低く買われてしまう時もあるでしょう。

売却の前に自分の車の査定相場が何円相当かしっかりと調査しておいて、事前に知った相場金額よりも低く見積もられたら値段の駆け引きをする準備をしておくと饒舌な営業マンの隙を突くことが出来るようになるでしょう。オークションでの車購入をしようという方は、安く車を手に入れたいと思っている人か車マニアの人です。

中でも、車を安く欲しいと思う人が大半なので、一般的な車だと高額で売ることができません。

しかし、珍しい車で希少価値が高いものだとマニアに喜ばれるため、入札件数が多くなって、高い金額で売ることができます。車を売る時に必需品の一つが、車検証と言えます。

しかし、査定のみなら、車検証を持ち込まなくても行う事が出来ます。

それは、査定は拘束力はないからです。売買契約を結ぶ際には、必ず車検証を用意する必要があります。車検証がなければ、登録抹消や名義変更が執り行えないのです。そろそろ車の買取を依頼しようと思って、ネット上でできる簡単査定を利用しました。

車は何といってもアウディで、5年くらいしか乗っていなかったので、結構な高値で売れることも期待していたのですが、期待を裏切る安さだったのでびっくりしました。査定を出してくれた業者の方に説明に来てもらったところ、「買取査定ではアウディより軽自動車の方が高くなる」と言われたので衝撃でした。

査定前にできることとしてタイヤの損傷や摩耗などで査定結果が変わってくるので、痛んでいないタイヤであることがベターだと言えます。

もし古いタイヤだったとしても査定のためにタイヤを替える必要はありません。

かけたコストに見合った査定額にはなりません。

それから、スタッドレスタイヤ、または、社外製のアルミホイールは、本体とは別に買い取りに出した方が得をすると思ってください。

大半の中古車買い取り業者が提供しているサービスの一つに、無料の出張査定というものがあり、「車査定 出張」「無料査定」など、関連ワードで検索をしてみると、多数の結果が出てきて、業者の数の多さに驚くでしょう。

業者の提供するこういった無料サービスを使って自分の車に少しでも高い値段がつくようにしたいのなら、業者の数のも多さを利用してみる、つまり、いくつもの業者に声をかけて、業者間で競合を起こしてもらうというのも交渉事に自信があれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

とはいえ、出張査定に来たからには、業者としては相当営業に力が入るものですし、そういった相手に対して、落ち着いて交渉する自信がないなら、やめておいた方がいいかもしれません。

車の査定を受ける前に、車体についている傷は直した方がベターなのか考えてしまうところですよね。自分で容易に、直せる程度の多少の傷だったら、直した方がよいと考えられます。

でも、自分で直せない大きい傷の場合は、修理の依頼はしないで車の買取、査定をそのまま受けた方がよいのです。

車を中古買取業者に売却する場合、悪質な業者に騙されないよう注意すべき点があります。

そんなことぐらいと思われるかもしれませんが、契約書によく目を通して内容を把握することです。不要なことは契約書に書かれていませんから、逆に言えば契約書の内容すべてが重要です。

そして契約書は各自が署名捺印すれば「納得したもの」と見なされ、効力が生じます。

事前説明と異なる契約内容になっていないかなど金銭面での記載についてはよく読んで理解しておく必要があります。

表の文面だけでなく裏の小活字の文章や補足に至るまで読ませてもらい、契約書を交わすようにしましょう。